【2019年度版」6号艇が得意なのはこの選手だ!!

2020/03/03 11:00:45

管理人@ボッシュです。
今回は6コースから強い選手を調べてみました。

概要

6コースに進入した時の1着率のランキングと1着率に伴う情報などを調査しました。
6コース進入といえば阿波勝哉選手が有名ですが、結果はどのようになったのでしょうか。 では見ていきましょう。

調査方法

  • 6コースに進入したレースが対象
  • 6コースの進入率ランキング調査
  • 6コースからの1着率ランキング調査
  • 6コースからの3連対率ランキング調査
  • 2019年1月1日~2019年12月31日までのレース
それでは見ていきましょう。
※競艇日和独自の集計・調査結果です。実際のデータと異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

進入ランキング

まずは6コース進入ランキングの調査結果です。
6コース進入ランキング
順位 選手名 級別 進入 1着率 3連率 選手情報
1位 小川晃司選手 B1 216回 5.09% 46.29% 選手情報
2位 阿波勝哉選手 B1 215回 4.65% 39.06% 選手情報
3位 澤大介選手 B1 187回 11.22% 46.52% 選手情報
(集計日2019年1月1日~2019年12月31日 競艇日和の集計結果)
持ちペラが廃止されてから、ミスターチルト3度、阿波勝哉選手は低迷されていますが、ファンが多いだけに復活を期待たいです。

続いては6コースからの1着率のランキングです。
集計したのは2019年1月1日~2019年12月31日までの全レースで 対象は6コースへの進入が20レース以上とします。

6コースからの1着率ランキング

次はすべてのレースを対象にした、6コースからの1着ランキングの調査結果です。
6コースからの1着率のランキング(全般)
順位 選手名 級別 1着率 3連率 進入 選手情報
1位 新田雄史選手 A1 19.04% 71.42% 21回 選手情報
2位 桑原悠選手 A1 18.18% 52.27% 44回 選手情報
3位 菊地孝平選手 A1 15% 35% 20回 選手情報
4位 中村亮太選手 A1 14.28% 42.85% 21回 選手情報
5位 大山千広選手 A1 13.51% 37.83% 37回 選手情報
(集計日2019年1月1日~2019年12月31日 競艇日和の集計結果)
新田雄史選手が1位となりました。
ちなみにSGとG1のレースでは前沢丈史選手中澤和志選手が上位になりました

6コースからの3連率ランキング

最後に6コースからの3連率のランキングの調査結果です。
6コースからの3連率のランキング(全般)
順位 選手名 級別 3連率 1着率 進入 選手情報
1位 前沢丈史選手 A1 71.42% 7.14% 28回 選手情報
2位 新田雄史選手 A1 71.42% 19.04% 21回 選手情報
3位 岩瀬裕亮選手 A1 65.51% 6.8% 29回 選手情報
4位 森高一真選手 A1 65% 0% 20回 選手情報
5位 岡田憲行選手 A1 63.33% 3.33% 30回 選手情報
(集計日2019年1月1日~2019年12月31日 競艇日和の集計結果)
前沢丈史選手が1位となりました。新田雄史選手と同率だったのですが、 進入数が多い人を上位としました。ちなみに6コースからの3連率をSGとG1のレースで限定すると 新田雄史選手が1位になり3連率は驚異の75%超えです。新田雄史選手が6コースに入ったときは連対に絡めて見るのもおもしろいかもしれませんね。

結論

  • 6コースに入った新田雄史選手に注目
  • 3連対率が60%を超える選手を連対にからめるとおもしろいかも
今後もいろんなデータを紹介していきたいです。もし、「こんなデータを調べてほしい」などのご要望がありましたら、Twitterからご連絡ください。 それでは管理人@ボッシュでした。

About Us

バージョンアップバージョンアップ情報